2017年11月07日

十二人の死にたい子どもたち(原作:冲方丁、漫画:熊倉隆敏)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「十二人の死にたい子どもたち」は、原作:冲方丁(うぶかたとう)、漫画:熊倉隆敏(くまくらたかとし)による漫画作品で、『good!アフタヌーン』(講談社)にて、2017年7月号から掲載されているコミック作品です。

「十二人の死にたい子どもたち」のストーリーとしては、ネット上のホームページに導かれて、廃病院に集まった十二人の初対面の少年少女たちの目的は全員で「安楽死」をすることだが、決行するための地下室にはすでに一人の少年が横たわっていたという設定です。

果たして彼は、自殺か、他殺か、そもそも誰なのか…少年少女たちは不測の事態に際し、この集いの原則「全員一致」に従い、話し合いを始めるという展開を見せるコミック作品となっています。

異才・冲方丁の直木賞候補作を、実力派・熊倉隆敏がコミカライズした作品です。

電子コミックスは、出版社「講談社」の「good!アフタヌーン」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

十二人の死にたい子どもたち
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「十二人の死にたい子どもたち」は、1巻を無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で32ページ(210ページ中)となっています。

十二人の死にたい子どもたち を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

冲方丁の作品には、「天地明察」「マルドゥック・スクランブル」「光圀伝」「Preface of マルドゥック・アノニマス」「十二人の死にたい子どもたち 増量立ち読み版」「マルドゥック・スクランブル完全版」「冲方丁まるごと試し読み合本 1996‐2016」「天地明察」「冲方丁歴史小説3作品試し読み合本『天地明察』『光圀伝』『はなとゆめ』」「ピルグリム・イェーガー」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、熊倉隆敏の作品には、「もっけ」「ネクログ」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、広告収入で運営されていますので、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画の全巻を無料ではまず読めないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、何よりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by 漫画マスター at 09:11| 青年マンガ